お知らせ

山形大学基金「ケヤキ並木等景観保存プロジェクト」のご支援をお願いします

 米沢工業会会員(山形大学工学部同窓生、教職員、学生)の皆様へ        

 山形大学では、大学基金に「やまだい未来へつなぐプロジェクト」を設け、第1弾として、米沢キャンパスにある「ケヤキ並木等景観保存プロジェクト」をスタートしたとの連絡を頂きました。以下は大学から連絡文です。                            会員の皆様からご理解を頂き、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

  山形大学は、2021年4月28日付けで、 山形大学基金における募金プログラムの一つとして、本学の使命「地域創生」に貢献し、かつ、目的と期間を限定した寄付プロジェクト「やまだい未来へつなぐプロジェクト」を設置しました。

  その第一弾として「ケヤキ並木等景観保存プロジェクト」をスタートします。
具体的な内容はこちら を、寄付申込み方法はこちら をご覧ください。 「支援先」の「プロジェクト名」から「ケヤキ並木等景観保全」を選択してください。             皆さまのご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。

※本プロジェクトへの寄付金は、所得税法上の寄付金控除の対象となる特定寄付金(所得税法第78条第2項第2号)又は法人税法上の全額損金算入を認められる指定寄付金(法人税法第37条第3項第2号)として財務大臣から指定されております。個人様からご寄付いただいた場合は「所得控除」が適用されます。

◎ 本会とケヤキ並木との関わりを説明します。ケヤキ並木は、1990年に本校創立80周年記念事業の一環として、本会が植樹し、大学に寄付致しました。昨年構内排水設備工事の整備事業に伴い、並木南側(3号館側)を伐採する予定でしたが、同窓生・教職員・学生並びに市民から、並木を残して欲しいとの要望が多数寄せられました。大学で再検討しケヤキ並木は残り、重要文化財の旧米沢高等工業学校本館とともに地域の歴史的な遺産、交流・憩いの場となることが期待されています。(上村 記)