お知らせ

構内ケヤキ並木の一部伐採について

 大学では、米沢キャンパス内の埋設配管工事等に伴う構内道路工事並びに環境整備工事を6月29日(月曜日)から始めます。

 予定では、ケヤキ並木を伐採する予定でしたが、現職教職員有志や学生OBらから、景観維持の観点から保存を求める要望が数多く寄せられた。大学では、伐採せずに工事が可能かを検討すると話し、29日からの伐採を休止しました。

 当初予定は、重要文化財「高等工業高校本館」の裏側(南側)道路沿いに、創立80周年記念行事で植樹した道路南側(2号館側)の欅並木、樹木14本全部を伐採します。樹木の成長に伴い根が盛り上がり、歩道の凹凸が大きくなり歩行に大変危険なためであり、安全を最優先に決定された苦渋の選択だったと伺っています。道路北側(重要文化財側)の欅並木は歩道がないため、残ります。 (上村 記)